メンヘラ、双極性障害だった女が起業して誰かの役に立つかもしれないサイト

ブログでゼロからイチの集客アップを目指す、とある主婦ブロガーの忘備録 パート2




集客2

前回の記事が凄く評判が良かったので、またまた書いていきたいと思います。

読んでない方は上から読んでね(^^)/

今の時代、専門的な知識はググれば何でも出てきますが、わたしもそうですが欲しいのは

そこじゃないんですよね( ;∀;)

そう、私たちが欲しいのは実体験なのだ。

大事なことなんでもう一回言いますよ。

私たちが欲しいのは、リアルな体験談だ。

結構ね、私blogン中で有益なこと言ってるはずなんで、ちゃんと落とし込んでください<(_ _)>

ちなみに、この記事は学んだことを忘備録としてつけています。

商品を完璧にするな、まず集客しろ。

美容師さんに見立ててみましょう。

美容師さんって、髪形を売りません。

まずは店舗を作って、広告売って、集客して、そしてそのお客様が言った

「この髪型にしてくれ。」を形にしていきます。

これって実はとても大切なことです。

ある程度の自分ができそうな方向性が決まったら、とりあえず集客します。

そこからお客様の声を聞き、形にしていきます。

そうすれば、お客様も喜んでくれて納得してお金を払います。

もちろん基礎の勉強は必要ですが、完璧に商品を作ったところで

需要がなければ売れません。

お客様の声は鶴の声です!!!

実績は作れる。

次に、実績は作れるです。これ、今私がやろうとしていることです。

ゼロからイチ。

これも美容師さんに見立てていきます。

美容師さんは卵の時、お金をもらわずにカットモデルを採用して練習します。

このカットモデルは無料で髪を切ってくれます。

その代わり切った髪形の写真を撮られたり、

テスターですのである程度の要望しか聞いてくれない事があります。

無料で放出することで、それが経験になり、実績になり、そして自信になります。

そう、商品ははじめは、完璧じゃなくてもよいのです!!

そうやってみんな、経験を積んでいくのです。

最初っからカリスマなんて人はいません!!!(←自分に言ってる。)

どうしたら買ってくれますか?

もう究極ですが、聞いちゃえばいいんですって(笑)

そりゃそうだ。

そしたら、欲しいものになるもん。

この人から買いたいと思われる。

なるほど~。深いですね。

確かに、車屋さんでお目当ての車は決まっているのに、営業マン嫌だったら違う店舗に行くもんなあ。

今の時代、「信用」とか「信頼」は大切です。

例えば、メルカリの星の数とかすんごく大事です。

星が少ないと、あ、、この人だいじょうぶかな??って思いますもん。

ある意味、メルカリの星の数は実績ですね!!!

日本人の苦手、「売ることに罪悪感」を感じてはだめ。

日本人の方って、起業家が少ないんで売る事が極端に苦手です。

だから価値のあるものでも無料で出してしまったり、価格競争に巻き込まれたりします。

自分が売っている物が、「詐欺」と呼ばれるものだったり、「価値のないもの」でない限りは、

そのお客さんは喜んでお金を出してくれるはずですので、

自信をもって売りましょう!!

日本人の苦手、「売る人が下、お客が上」という意識。

そもそもが間違ってるみたいです。

日本はサービスが良すぎたり、クレームが多いのでこんな事になります。

しかしビジネスというのは、どちらかが上とか、どちらかが下とかじゃなく、

等価交換です。

自分(売り手)が下にならないように注意したいところです。

というわけで、私の商品どうやったら買ってくれますか??(笑)

コメントお待ちしております!!

追伸

前回質問したヤフー知恵袋から、コメントが来たので追記しときます!!

私の質問内容はこうでした。

「blogでコンサルを始めたんですが、なかなか人が集まりません。何がだめだと思いますか??

厳しい意見お待ちしております。私のブログのリンク。」

これに対してのコメントが、

ブログ初心者です。まさにあなたのターゲットからの意見を言いますと、他の方もおっしゃる通り、
あなたの実績が見えなくて信用できません。

実は過去に一度だけ情報商材を購入したことがあるのですが、その経緯がその方がTwitterで
有益な情報であふれていて、ブログにも無料で読める有益な情報がたくさんあり、すっかりファンになってしまいました。もちろんその方は実績を公開されていました。
コンサルは、この人だったらお金を払ってもお願いしたいと思える魅力的な発信を無料でする必要が
あると思います。

うむ。無料で集めたコメントにこんな価値があるとは・・・。

やはり「実績」ですよね。

ゼロから始めた人は、教えて成功した実績のある人というのはほとんどいません。

なので、自分でやってみて成功した実績になると思います。

しかし、なにもやった事のない人よりも「少しだけ先輩」という立ち位置で

教えられるんじゃないかと思います。

実は、ここに落とし穴があるんですが「経営のプロに習ったから、自分も出来るようになる!」とは

限らないという所です。

その有益な情報を無料で公開しているという事は、手札が少ないわけです。

そして、ビジネスというのは、そのプロと同じことをしても

結果が出せないことはよくあることです。

もちろんコンサル生がうまくいった例は大々的に自分のメディアに発信するでしょう。

でもその裏で、結果が出せなかったコンサル生も何人もいるという事をちゃんと知っておいてください。

以上です。




 

メンがヘラったっていいじゃない

◆メンヘラ解決策。電子ガイドブック無料配布!!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

この記事を書いた人

コメントを残す