メンヘラ、双極性障害だった女が起業して誰かの役に立つかもしれないサイト

HSPの私が生きていた世界。世の中は怖いものだった。




今回は「HSP」だった私の世界観について書いていきたいと思う。

HSPってなによ??

HSPって知ってる??

HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています。

出典元:マドレクリニックより

簡単に言うと超敏感体質のこと。

私自身がこれなんだけど、実は日本人の5人に1人がそうではないかとされている。

そして、このHSPの何がダメなのか??

ダメというよりも、他の人よりも敏感なので疲れやすい・・。

人の心が読めるし、

その裏になにかあると思ってしまうし、

顔色を常にうかがってるし、

泣いてる人とかもらい泣きしてしまうし、

人ごみが疲れるし、

とにかく疲れる。

外に出ると、あきらかに人よりも疲弊して帰ってくることが多いので、引きこもりになりがちだ。

そして、なによりも人の心が読みやすいので世の中が怖い・・・。

私自身、いとこの知的障害者の子と一緒に住んでいたのだが、

彼は知能が3歳ぐらいで言いたい事もいまいち他の人には伝わりにくい。

なのでいつも一緒にいさせられて、

彼の今までの行動、

前後の行動、そして顔色や空気いろいろなものを読み取って、

彼の伝えたい事を伝えていた。

そして、そういったオーラが出ているのか、

バスの中で障害者の子と出くわすと、

必ずロックオンされる”(-“”-)”

はな
はな

健常者の人間も怖い人なのに、障害者にロックオンされると無茶怖いので逃げちゃうよ

その私が、生きてきた世界は本当に窮屈で、人間不信にもなった。

その意味が最近分かった

実は、なぜこんなにも世の中が生きにくいのか最近になってやっとわかった。

実は私はHSPによって、併発していた症状がある。

それが、自己肯定感が極端に低いのだ。

じゃあこの自己肯定感が低いとなにがいけないのか?

何個か上げる。

  • 失敗のトラウマを引きずる
  • 自分が合っているか不安すぎて、決定権を出せない
  • 人と比較して、それを軸に生きる
  • 依存心が強すぎて、自立心がなさすぎる
  • 消極的
  • なにかの依存症に陥りやすい

などなど。

これ、結構やばいことで一緒にいる人も疲れてしまうんじゃないかなー。

HSPと一緒にいると疲れてしまうから、距離を結構おかれる。

そして「わたしって嫌われてる??」と勘繰る。

負のループ。

まあ、私の場合なのでHSP全員がってわけじゃないと思うけどね。

参考に。




 

メンがヘラったっていいじゃない

◆メンヘラ解決策。電子ガイドブック無料配布!!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

この記事を書いた人

コメントを残す