メンヘラ、双極性障害だった女が起業して誰かの役に立つかもしれないサイト

こんな人は要注意!!もしかしたら自分も陥っている、自分の気づかない弱点!!




 

 

 

 

今回の内容なんですが、これを知ったらあなたは超人になれるかもしれないぞ!!

 

 

 

腹の中はどうかわかんない

 

 

 

プライドが高い人というのは、常に人からの評価を気にしているから、他人はその人にあった発言をしてくる。

 

 

 

ちょっと前の話になるんだが、前の会社でこんな人が居た。

 

 

 

[normal_box2 color=”red” border=”b3″]

  • プライドが高い
  • 冗談が通じない
  • 仕事はまじめにやる
  • 自分の失敗は許されない
  • だから人の失敗も許さない
  • 常に上に立ってたい

[/normal_box2]

 

 

 

どうだろうか?良くいるお局さんを、浮かべてみてほしい。

 

 

 

そのひとは、常に上の人からの評価(良い評価)を得たがっていた。

 

 

 

「なんでそんなこともできないの??!」と後輩の私はいつも怒られていた。

 

 

 

 

そして私はお局さんの機嫌をとりたいので、お局さんの欲しい言葉だけチョイスして言っていた。

 

 

 

「凄い!!教え方うまいですね。」

 

「これ、ありがとうございます!わからなかったんですよ!」

 

「いつもありがとうございます。ほんと、助かります!!」

 

「これお土産。○○さんだけ、いつもお世話になってるんで、特別に買ってきました!」

 

 

 

さて、私の腹の中を覗いてみよう。

 

 

 

はな
はな

ちょ。おま。いつもミスすんなって言ってるくせに、自分ミスしてんじゃん。

はな
はな

>教えかた、なげーーんだよ。残業になっちゃったじゃねーか怒

はな
はな

うざ、その言い方うざいわ。だからお前、他の人に嫌われてんだよ!

はな
はな

その機嫌の悪いの辞めてくれ。表面上良い顔出来ないやつに、接客業やる資格ねーよ。

 

 

 

そして、休憩が被っても世間話はしない。自分の本音は見せない。

 

 

 

 

私やな奴だ(笑)

 

 

 

人はなかなか自分を客観視できない

 

 

 

こういった背景から、自分の事を客観視できていない人が多い。

 

 

 

そして、そうやって褒めちぎられている人ほど、

 

自分の事をわかってなくて、偉そうに語る。

 

 

 

何様だ。

 

 

 

なので私は後輩には嫌われたくないので、自分の事を客観視するように、視点を変えてみた。

 

 

 

具体的に、

 

「これを言ったら、この人はどう思ってこの後私の事をどう思うようになるか。」という事を意識した。

 

 

 

例えば、後輩に仕事が間違っていることを伝える時。

 

 

 

はな
はな

○○ちゃん、私もよく間違えてたんだけど、これはこういう風だから、こういう風にやろう。

 

 

 

どうだろうか?

 

 

 

ぶっちゃけこういったことで、目くじら立てて怒ってる人よく居ないだろうか??

 

 

 

上記のように気にして言ったら自分が嫌われる事もないし、

 

後輩も怒られてないので素直に間違いを認めてくれる。

 

 

 

持っていきやすいのだ。

 

 

 

 

プライドが高い人の弱点

 

 

 

そして、プライドが高い人に共通することが、自分の非を認めないだ

 

 

 

うざい。後輩のわたしにミスを押し付けられたり。

 

 

 

はな
はな

てめえの間違いじゃねーか!!

 

 

 

って言いたくなる。

 

 

 

なので、私は後輩に嫌われるのは嫌なので!!絶対に自分の非は、認めていた。

 

 

 

はな
はな

ごめんなさい。ここ間違えてました。私のミスです。

 

 

 

すると後輩は私にポイントアップだ。

 

 

 

先輩より後輩に好かれるを意識した方がうまくいく

 

 

 

私のみいだした答えはこれだ。

 

 

 

先輩←インプット

 

 

よりも、

 

 

後輩←アウトプットを意識した方が、結果仕事がうまくいくようになる。

 

 

 

 

自分を客観視して、物事を見てみると意外とみえてこない世界が見えてくるのだ!!!

 

 

 

 

以上。

 




 

メンがヘラったっていいじゃない

◆メンヘラ解決策。電子ガイドブック無料配布!!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

この記事を書いた人

コメントを残す