メンヘラ、双極性障害だった女が起業して誰かの役に立つかもしれないサイト

雨でも楽しもう!雨の日に行ったアウトドア旅行をレビューします。




最近、、私たちは旅行に行くとなると雨三昧です・・。濡れたら寒いし、外で思いっきり遊べないし、結構うんざりしています。出来る事なら晴れてほしい。

それでも、、休みを取ったからキャンプ場のキャンセルなんて出来ません( ;∀;)

今回は全国的に大雨の続いた中、コテージで止まって遊んだので、その知恵をここに記します。

ちなみにキャンパーというわけじゃないので、テントのキャンプの事は全然知りません(/ω\)

あしからず。

まず、前提として命を大切に。

雨が降ると、一番に思いつくのがこの事です。

床が濡れているので、スリップしやすく、土砂災害も発生しやすいです。

山道のハイキングや、川遊びなんていうのは危ないので、やめておいてください。

山は危険です。

気候も平野とは違いますし、必ず長袖長ズボン、スニーカーを着用してください。

私達も常にリサーチして、土砂崩れの起きそうな場所を避けたり、川の近くはなるべく近づかないように

してました。

それから、霧の中を走らない、ガラコを塗る、車幅灯は常につけて暗かったら遠目にするとか、

あまりにもダメそうだったら引き返したりもしました。

無理しないで、的確な判断をしましょう。

コテージやキャンプでBBQの場所を確認。

あらかじめ予約を取る場合に、BBQの出来る場所の確認をしておくといいです。

屋根のある場所でBBQできるのか、タープを貼ってできるのか、野外なので仕方なくコテージ内のコンロでフライパンで焼くのか。

キャンプの方はだいたい炊事場がありますが、屋根があるかの確認もしておきましょう。

正直、今回私達の取った休みが雨になるとは思っていませんでした。

梅雨が終わっていたからです。それでも、雨は降ります。。

どしゃぶりでした。

雨が降りすぎて、川沿いのキャンプ場が閉鎖になってしまい、違う場所に案内されてしまいました。

結果、オーライだったんですけど、キャンプ場が閉鎖になったら行けなくなる可能性も出てくるので、

注意してください。(その場合、キャンセル料は発生しませんが。)

今回お邪魔させていただいたのは、駒ケ根市にある家族村×こぶしの湯という所です。

このキャンプ場のレビュー記事はまた、後ほど書くことにして、ここのキャンプ場というのが凄く神対応でした、

本当は、違う所のキャンプ場に行く予定だったのですが、雨が凄すぎてキャンプ場が閉鎖になってしまったんです。

旅行当日に電話がかかってきて、「○○が閉鎖になってしまったので、家族村というところのケビンでしたら、空きが出ているので、そこならご案内できます。」と。

正直私達も行くのをためらっていたのですが、平野でがけ崩れの心配はない、川は近くにないので増水の心配はない、もしたどり着けなかったら、キャンセル料はいただかないという旨を聞いて行こうと決意しました。

そしてこんな天気でも来てくれてありがとうございます!という感じで、色々サービスしてくださいました。

このキャンプ場のケビン横のU字工は雨だと外でBBQができません。

そのために、王様のBBQというプランがあって火起こしやらなんやら、やってくれてあと焼くだけの場所があります。

引用元:家族村公式HP

そこには、タープが貼ってあり雨もしのぎながらBBQができるのですが、

それをサービス価格でご案内してくれました。

引用元:家族村公式HP
引用元:家族村公式HP

もちろん、普通の雨ではそんな事やらないと思いますが、天候が天候なだけに、予約の場所も閉鎖になってしまったし、申し訳なかったのでという名目だと思います。

この日、本当に台風かよ。。ってぐらい風も強くて、雨もやばかったので私達はずぶ濡れになりながら、

子供たちはカッパを着て、BBQをしました(;^ω^)

このサービス、普通の雨なら凄いいいなと思いました。普通の雨ならね・・・。

風のある日は、皿が飛んだり、ゴミが飛んだり大変なんで、家の中で静かにフライパンでお肉焼いた方が良さそうです。

外では遊べない

アウトドアと言えば、ハイキングだったり、自転車、アスレチック、川で掴み取り、カブトムシ採集、外でのスポーツなどなど色々思い浮かびますが、

雨だと何も出来なくなってしまいます。

なので、プランを立てる時に晴れバージョンと雨バージョンを作っておくと良いかと思います。

屋根の中で遊ぶのでトランプや、UNOなんかも普段はやらないですが、みんなで集まってやると結構楽しいです。

あとは、温水プールに行ったり、温泉めぐり、小雨なら鍾乳洞や、ジャム作り、サンプル作りなどもやりました。

○○体験は、意外と面白いです。

その他に観光で、ご当地のお城や、お土産屋さんめぐり、スイーツめぐりなども楽しいです。

今回は、りんごジャム作りに挑戦してきました。

6人全員で作りましたが、瓶6個消費するのって結構大変なので、(無添加であまり日持ちしないので)子供達3人だけ体験して大人は見学、、なんて事もできたみたいです。

1人1500円だったので、結構な額になりましたが、そのお金でまた、美味しいりんごを作って下さい!!と思うものであります。

ご当地グルメ

また、美味しいレストランを探すのも、旅行ならでわかなと思います。

貧乏旅行だった時は、県外に行ってまで名古屋にありそうな「ガ○ト」(ガ○トを誹謗中傷しているわけじゃありません。)に入っていたりしましたが、

やっぱね、、、丸山ゴンザレスさんが体張って現地のゲテモノを食べてた様を見ると、

やっぱり、○百円しか変わらないのなら、ご当地ならでわの食事を食べたいですよね!

我が家は、桃鉄大好きなんで、駒ヶ根のソースカツ丼は100パーセントな事知ってるんで、

ちゃんと頂いてきました!(BBQが3時間後に迫っていたので、ミニを頼んだけど、、、)

本当は、蕎麦屋さんとかソースカツ丼専門店も考えたんですけど、なんせ娘がアレルギーもちなので、

卵と、一回も食べさせた事ない蕎麦を排除してのこのお店となりました(〃ω〃)

また、今回長野県に行ったのですが、帰りに立ち寄ったレストランが凄く素敵でした(*’ω’*)

星に期待して、阿智村に向かったのですが、一向に雨は止まず・・。

仕方ないので、近くの星空食堂という所にお邪魔しました。

引用元:星空食堂公式HP

店内は薄暗くて、プロジェクションマッピングでヘブンスそのはらを映し出していて、まるで異空間にいる感じ!

個人的には、ヘブンスそのはらにいった事があるので、あの星空の余韻に浸ってここに来たかったな・・というのが本音ですが、、

料理もおいしくて、素材にこだわった味がしました!長野に行ったら、ぜひ立ち寄ってみてください♪

こちらからは、以上でーす!!




 

メンがヘラったっていいじゃない

◆メンヘラ解決策。電子ガイドブック無料配布!!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

この記事を書いた人

コメントを残す