メンヘラ、双極性障害だった女が起業して誰かの役に立つかもしれないサイト

本当のお金持ちから学んだ、お金持ちマインド7選って?




はな
はな

ここで最近お金持ちの人と関わる機会が多くなったので、

その人たちの思考を忘れないようにアウトプットしてみる。

ぜひ活用して欲しい。

労働だと貯金の上限がわかる。

例えば月25万円の給料で、貯金額が頑張って5万円だとする。


すると、年12✖️5で60万、10年後には600万。

でも実際は生活していると、もっとお金がかかるので、それよりも増やせる事はない。

よって、労働から抜け出さなければお金持ちにはなれない。

時間をお金で買うのは有意義な事。

例えば、食洗機やお掃除ロボットは自分が稼働する代わりにその時間を使う事ができる。

また、お手伝いさんを雇うのも時間短縮になる。

その時間で、知識を得たり、キャッシュポイントを置くような行動をすればまた、お金が戻ってくる。

このようにお金を使う。

お金は流れのいいところにポジションをおく。

通帳やタンス貯金はお金が流れない。血脈と一緒で滞らせると、腐りやすい。

なので、投資や不動産、または自分への投資に使う事によってまた、流れて戻ってくる。(ただし、正しい知識がいる。)

メディアを信用しない。

メディアというのは、ほとんどが自分達のいいようにもっていこうとする。

印象操作だ。

例えば、シャンプーのCMはさわやかな芸能人を使って
あたかもこのシャンプーを使えばその芸能人のようにサラサラツルツルの髪になるとCMする。

しかし、その芸能人はだいたいそのシャンプーは使っていない。

例えば車の事故。

ニュースで大々的に「老人の危ない運転」をやるが
じつは年々事故は減っている。

これは車を自動運転の車にお年寄りに買い換えてもらうために、
ニュースも使って「お年寄りの運転は危ないもの」と刷り込んでいる。

実際に危ない事もあるが、免許更新の時に詳しく調べればいいだけの事。

さらに言えば、SNSは危ないものでインターネットは怖いものという事をお年寄りは言うが、

実はこれはネットが普及してTV関係者がTVでのやらせや、
洗脳が解けるのを恐れて、
流したデマだ。

確かに危ない事もあるが、刃物と一緒で使い方次第である。

保険会社は国が認めた詐欺師

保険という目に見えないサービスを提供する事で、
あたかも安心感を得らえるかのようだが実はカモられているだけ。

保険のお金というのは、預けた後ファンドによって株式に投入されている

いわば合法のギャンブル。

保険に入れば安心というのは、貧乏人のやる事で金持ちはぜったい保険には入らない。

ちなみに銀行への貯金も一緒。

あのATMに入ったお金は全部株式にまわっている。

人がみんなやってるから安心は、うそ。

ヒトは、この人がやっているから〜とか、みんながやっているから安心と流されるが、

実は少数派が正しい場合もあるという事を忘れてはならない。

誰がじゃなく、何を言っているかに注目する。

例えば、ホリエモン大好きだからホリエモンの言ってる事を鵜呑みにするのではなく、

何を言っているかに着目。

逆もしかり。

ホリエモンが嫌いだから、ホリエモンの言うことは胡散臭いと言うのではなく、

何を言ってるかに着目。

はな
はな

以上。




 

メンがヘラったっていいじゃない

◆メンヘラ解決策。電子ガイドブック無料配布!!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

この記事を書いた人

コメントを残す