メンヘラ、双極性障害だった女が起業して誰かの役に立つかもしれないサイト

不幸ざんまいだった私が、○○○に出会って人生を救われた話し。その○○○とは?!




 

 

題名の○○○ってなんだと思う??ちょっと考えてみてくれ。

 

 

 

 

占い師??自己啓発の先生??はたまた、宗教??

 

 

 

 

いやっ、どれも違うよ。

 

 

 

はな
はな

じつは、アスペルガー症候群の受動型の彼氏が答えだったのだ。

出会い

 

 

 

さて、私はバツイチだ。

 

 

 

子供が二人と、お腹の中に赤ちゃんが居たときに別れた。(残念ながら、この子は流産してしまいました。)

 

 

 

そして、別れてちゃんとOLとしてパートで働いたわたしだが、この会社で今の旦那と出会った。

 

 

 

出会った時に彼は、妻子持ちだった。

 

 

 

本当に眼中になかったのだが、私がバツイチというナゾのモテブランドがついていたので、彼は猛アタックしてきたのだ。

 

 

 

後で聞いた話し、ぶっちゃけバツイチなんてーのは、心の寂しいやつばかりで、やれると思ったらしい。

 

 

 

妻子持ちのヤツとやるなんてプライドが許さなかったし、なにより「不倫よ、不倫!!慰謝料よこしてちょうだい!!」って言う

嫁ハンの乱れ狂った姿が脳裏をよぎったので(この時点で会った事はないが。)

 

 

 

「わたしとやりたいなら、別れてきてからな。」といった捨て台詞をはいてやった。

 

 

 

まあ、保守的に考えて“これで別れるやつはいないだろう”とタカをくくっていた。

 

 

 

 

 

あっさりと、別れてきた。。。

 

 

 

 

 

 

嫁ハンの「べつにいーよ。」のLINEの返信においおい荷物渡すんじゃねーよ、、と思ったもんだ。

 

 

 

こうして私たちは付き合いが始まった。

 

 

 

 

彼の魅力

 

 

 

彼は大人なのにゲームが大好きだった。

 

 

 

付き合った次の日には私の家にゲーム機が置いてあった。

 

 

 

大人なのに。

 

 

 

 

子供のころはよくやっていたけど、15歳あたりからピタリとやらなくなった。

 

 

 

 

「え?いいじゃん。今のゲーム、子供たちに優しいよ。」

 

 

 

当時のWiiを設置しながら、言った。

 

 

 

頭をガンっと殴られた感じだった。

 

 

 

“大人になったから”“子供を育ててるから”といったレッテルが私をゲームから遠ざけていた。

 

 

 

こんなにも自由に生きる大人がいるのか。

 

 

 

彼は何にも縛られずに生きていた。

 

 

 

そして、この後わたしはゲーマーとアニヲタになる。

 

 

 

アスペ受動型

 

 

 

彼は変だった。

 

 

 

コミュニケーションの取り方や、ストレートに物事を言う。

 

 

 

それにイライラさせられていた。

 

 

 

色々と調べていった結果、アスペルガー症候群の受動型ではないのか?いや、絶対そうだといったところに落ち着いた。

 

 

 

原因がわかれば、そのイライラも「仕方ないか・・」と半ばあきらめれた。

 

 

 

それと、わたしの離婚後の後遺症。

 

 

 

躁鬱の再発だったり、不安定なわたしをそっと見守ってくれている。

 

 

 

なにかしてくれるわけじゃないけど、でも、逃げないその姿勢に、

私は落ち着いた。

 

 

 

そしてわたしは勉強した「あなたはアスペの疑いがあるから・・」という事を正直に話し、ここをもっとこういう風にした方がいいんじゃないか?といった提案をした。

 

 

 

すると、私達は歯車がカチッとかみ合ったようにうまくいきだした。

 

 

 

障害者に散々苦しめられてきた私が、まさか障害者によって助けられるとは思ってもみなかった。

 

 

 

 

今私たちは、「メンヘラ」と「パチンコ依存症」を克服して、お互い程よい距離で夫婦関係を続けている。

 

 




 

メンがヘラったっていいじゃない

◆メンヘラ解決策。電子ガイドブック無料配布!!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

この記事を書いた人

コメントを残す